モトショップコウワ 地元世田谷の話とバイクの話を綴って・・・

バイク好きのMS功和スタッフが日々の日記を書いていきます。 ツーリング、ライディングスクール、林道、オフロード とスタッフの趣味は多種多様! メモ的感じで書く事もありますのでご了承!

Dトラッカー125のカムシャフト交換!

Dトラッカー125で手軽にそれでいて効果のあるカスタムをとの事で、今回はカムシャフトを交換してみました。
この車両のカムシャフト交換はヘッドも外すことなく手間もかからずできるのでいいですね。

CIMG2264.jpg CIMG2266.jpg
まずは、外装~タンクまで外しました。

CIMG2267.jpg CIMG2269.jpg CIMG2270.jpg
手動でクランキングできるように左エンジンカバー部のキャップ2箇所を外し、ヘッドの左側のカバーとタペットカバーを外します。

CIMG2272.jpg CIMG2273.jpg
タイミングホールからTマークを合わせた時にカムスプロケの刻印がヘッドの上の部分の印に合っているか確認します。(合っているはずです・・・。が、合っていない時はやばいですよ!!)
これで圧縮上死点になっています。この位置はエンジンをバラしたり組んだりする時に基本となる位置です。
カムチェーンテンショナーを外し、カムスプロケットを外します。
CIMG2276.jpg CIMG2274.jpg
このカムスプロケットをとめているボルトは逆ねじなので気を付けましょう。

CIMG2277.jpg
カムシャフトを外して、ロッカーアームもチェックの為外しました。
ロッカーアームシャフトをヘッドから抜く際サービスマニュアルによると、抜きにくい場合はヘッドボルトを緩めると記載されていたので、何故かな?と思いつつ抜こうとしたら・・・抜けませんでした・・・。
ヘッドボルトを緩めたら簡単に抜けました。謎が解けました。
ヘッドボルトが締まっていると、ヘッドやシャフトが通る穴などが変形してシャフトを押さえつけてしまい固く抜きにくくなってしまっているようです。うーん。こんなにデリケートだとは・・・(カ○サキなのに・・・笑)

ここで今回交換するタケガワのスポーツカムシャフトの出番となりました。
ノーマルと比べてみますと・・・
CIMG2284.jpg CIMG2287.jpg CIMG2288.jpg CIMG2289.jpg
こんな感じです。
左側がノーマルです。
違いが判る人には判るでしょうね(笑)

さあ、あとはどんどんと組み付けていきます。
CIMG2296.jpg CIMG2297.jpg CIMG2298.jpg
カムスプロケのボルトは逆ねじなので、左回しで締めていきます。緩めたヘッドのボルトも忘れずに締めます。

CIMG2301.jpg
カムシャフトが変わったので。バルブクリアランスも調整します。

CIMG2418.jpg
取り外したキャップなどを取り付けてエンジンは完成です。

今回はもう1つ・・・
CIMG2419.jpg
エアインテークのダクトをKLX150用に変更しました。
ノーマルとは空気の入口の大きさが全然違いますね。

それからもう1つ・・・
CIMG2421.jpg
吸い込む空気量も増えて、カムも変わったので、インジェクションコントローラーで燃料を増量させます。
ダイヤルがあり、いくつか選択できるのでベストセッティングの所にあわせます。

これで完成しました!!
走行してみると・・・
ハイカムという特性上低回転域ではノーマル的な感じですが、5000RPMからの吹け上がり方が元気になって、とても軽くパワフルな加速をしていく様になりました!
気軽にできるライトチューニングですがいい感じです(笑)
いろいろな場面でスポーツ!?できそうなので今後が楽しみですね(笑)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mskouwasetagaya.blog.fc2.com/tb.php/850-e183b7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad