モトショップコウワ 地元世田谷の話とバイクの話を綴って・・・

バイク好きのMS功和スタッフが日々の日記を書いていきます。 ツーリング、ライディングスクール、林道、オフロード とスタッフの趣味は多種多様! メモ的感じで書く事もありますのでご了承!

WR250Xチューブレス化してみました

梅雨に入って雨で乗れない時には、バイクをメンテナンス&カスタムしましょう!!
と、いう事で今回はWR250Xのタイヤをチューブレス仕様にしてみました。

預かった車両はブリジストンのS20EVOが装着されていて、タイヤはチューブレスタイヤですがスポークホイールの為、中にチューブを入れてます。
これだとパンクした時などいろいろと面倒なのでチューブを取ってしまおうとなりました。
で、説明書を見ながら早速作業です。

CIMG2244.jpg CIMG2245.jpg
まずは、リムの継ぎ目の溶接部分の段差を極力無くす様にペーパーで削ります。
多分ここがデコボコだとタイヤのビート部分の密着が悪くエア漏れが起きるからなんでしょう。

CIMG2247.jpg
次にニップルの頭の部分に丸いシールを貼りました。

ここからが非常に神経集中な工程です。
CIMG2248.jpg 
耐熱両面シールテープという強力なグニャグニャした両面テープを空気が入らない様に貼っていきます。
が、ニップル部分がデコボコしていて、両面テープの上側に貼ってあるフィルムが伸びない為非常に貼りにくいです。
シールテープ自体はグニャグニャなのでデコボコに沿って貼れるのにそれをこの融通のきかないフィルムが邪魔をします。(貼り終わったら剥がして捨てちゃうフィルムなのに・・・)

格闘しながらなんとか貼り終えました。
CIMG2249.jpg
気を抜くと強力な両面テープが変な場所に張り付いてたりして大変な作業でした(汗)
その度に「ギャー!!」とか「うぉー!!」とか一人ブツブツ言ってた事でしょう(笑)

次にこの両面テープの上に保護シートというものを貼っていきます。
これも神経集中の作業です。
デコボコのニップルに沿って、空気が入らないようにコツコツ地道にやっていきます。
CIMG2253.jpg CIMG2252.jpg

これで出来上がりです!

あとはタイヤをホイールに装着して、空気圧を通常より高めに入れて数時間放置します。
圧力によって、貼り付けたシールテープを押さえつけて接着させるみたいです。
CIMG2254.jpg

最後に空気圧が入れた時とほぼ同じであれば漏れもなく完成となります。

チューブが無くなったのでどれ位の軽量化になったか測ってみると・・・
CIMG2255.jpg
後輪でチューブとリムバンド合わせて約1キロ。

CIMG2261.jpg
前輪で約0.6キロでした。

この数値が実際どれくらいハンドリングなどで体感できるか判りませんが、出先でのパンクトラブルでも、修理KITさえ持っていればOKなはずです。
今後のタイヤ交換も、チューブを噛みこませないように気を配っていた事が無くなり、整備する側からしてもうれしい事です(笑)

スポークホイール車両などには心配事が減るのでお勧めですね!
オフロード車用のサイズもあったので、こっちも意外に使えそうですよ。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp








スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mskouwasetagaya.blog.fc2.com/tb.php/802-19d79209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad