モトショップコウワ 地元世田谷の話とバイクの話を綴って・・・

バイク好きのMS功和スタッフが日々の日記を書いていきます。 ツーリング、ライディングスクール、林道、オフロード とスタッフの趣味は多種多様! メモ的感じで書く事もありますのでご了承!

kawasaki KLX150Sの整備

この前の林道ツーリングに参加したKLX150がサスペンションの強化をする為に入庫しました。
国内ではKLX125として販売されている車両の海外モデルで150CCのエンジンなのです。

フロントフォークも取り外すのでついでにステアリングステムのベアリングもチェックしてグリスアップしようと思っております。

CIMG0030.jpg
 走行距離1515キロです。
 さあ、どうなっているでしょうか・・・?



CIMG0003.jpg
 フロントタイヤを外してステアリングステムの動きをチェックしてみると意外と渋いです・・・。
 新車はこういう事が結構多いです。



CIMG0004.jpg
 フロントフォークを取り外し前まわりをどんどんと外していきます。





ステムを外してベアリングを見てみるとやっぱりこんな感じでした・・・。
CIMG0011.jpgアッパーベアリング 





CIMG0006.jpgロアベアリング 





CIMG0009.jpgロアベアリングレース 





CIMG0008.jpgアッパベアリングレース

                 



見た感じきれいでOKのようですが・・・
きれい過ぎです・・・
グリスがほとんど塗られてません。
これでは10000キロ位走行した時にはもうベアリングは錆びて段つき磨耗して動きがさらに悪くなり、交換になってしまいます・・・。もったいないですね。
今回はここにたっぷりとグリスを塗り直しします。そうする事によって10000キロ走行した時の状態は全然違ってきます。
取り外して正解ですね!!

CIMG0015.jpgステムベアリングにグリスを塗っていきます。
塗るというよりローラーの隙間から、奥のレースの方までグリスを入れ込んでいきます。
そうするとベアリングの上側から「にゅるっ!」とグリスが出てきます。
 これ位グリスを塗り込むようにします。
 
メーカー出荷時の車両はここまで塗られている事はあまりありません。

CIMG0017.jpg  CIMG0018.jpg
 たっぷりとグリスを塗って車体に組み付けます。
 車体に取付けたら、ゆる過ぎず、しめ過ぎず微妙な締付具合でナットを締め付けます。

ステムベアリングのグリスアップはこれで完了です。

次にフロントフォークスプリング、フォークオイルの交換です。

まずはオイルを抜いてみると・・・
CIMG0023.jpg
ちょっとビックリです。
走行距離も少ないのにいい感じに濁ってます。
エンジンと同じで初期の馴染みによって汚れてきたのでしょうか??
新車でもフォークオイルは早目に交換した方が良さそうですね。

今回はDRCのフォークスプリングを入れます。
ノーマルと比べてみると・・・
CIMG0024.jpg
全長はほとんど変わりません。



CIMG0026.jpg
バネの太さは、少し太いです(右がDRC)
スプリングレートが30パーセント程アップしているようです。



これを組み付けて完成です。
押した感じもノーマルの様な沈み込みも少なくふんばりそうで良さそうな感じです。

フロントが強化されたのであわせてリアサスのスプリングも少し固くします。
CIMG0036.jpgノーマルより1段固くしてみました。
これで乗ってみて前後のバランスをみてみる事にします。



以上で今回の足回りの強化は完了です。
新車でもばらしてみると手を入れてメンテナンスしたい所は出てきますね!!
おそらく次回はスイングアーム、リンク部のグリスアップをする事になるでしょう(笑)

CIMG0035.jpg
できあがりました!





まだこのような足まわりのメンテナンス等やってない方、ご相談ください。
車両のイメージが変わって、かなり乗りやすくなりますよ!!


 モトショップ功和 世田谷店 TEL 03-3412-6161

モトショップ功和 中野店 TEL 03-6382-5683







 
 
スポンサーサイト

テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mskouwasetagaya.blog.fc2.com/tb.php/280-5024bdb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad