モトショップコウワ 地元世田谷の話とバイクの話を綴って・・・

バイク好きのMS功和スタッフが日々の日記を書いていきます。 ツーリング、ライディングスクール、林道、オフロード とスタッフの趣味は多種多様! メモ的感じで書く事もありますのでご了承!

アドレスV100エンジンストップ・・・原因は・・・

今でも現役で走っている車両が多いアドレスV100ですが、消耗品はやはり交換しておかないとトラブルになりますね。
と、いう今回の状態です・・・。

走行中エンジンが止まってしまい再始動不可で入ってきました。
このパターンでありがちなのがエンジン焼付きですが、どうやらそうでも無さそうで、キックしてもちゃんと動くし、踏み応えもあるので圧縮もありそうです。プラグも問題ないのでキャブレターかと思い、まずエアクリーナーBOXのふたを外すと・・・
CIMG6638.jpg CIMG6639.jpg CIMG6642.jpg
スポンジだったはずのエアクリーナーが古くなってボロボロな状態でそれを見事に吸い込んでキャブレターのエアポート部分が詰まってしまいました。
スポンジタイプのエアクリーナーは長く使っていると最後には触っただけでボロボロに形がくずれて粉々になってしまいます。
これが原因だろうとキャブレターをオーバーホールして取り付けてエンジンをかけようとしました。が・・・

まだエンジンはかかろうとしません・・・。

ガソリンはちゃんと流れているのかな?とキャブドレンボルトを緩めてみたら・・・
全然出てきません。と、いう事は負圧のガソリンコックが壊れているのかな?と負圧のホースをまずいながらも口で吸込んでみると・・・ちゃんとガソリンは出てきました。
と、いう事はエンジンの吸入負圧が出ていないのかと、キャブの吸入口を手でおさえてエンジンをクランキングさせてみると、いまいち吸入負圧が弱いな~という感じです。
異物を吸込んだ可能性もあるので、念の為リードバルブもチェックしてみます。
CIMG6643.jpg CIMG6645.jpg
粉々になったエアクリーナーらしき物を吸った形跡はありますが、リードバルブ自体は破損もなく変形もしていない様なので掃除して元に戻します。

そうなると・・・クランクシャフトのオイルシールが抜けて1次圧縮が無くなり吸入負圧も発生していないのかな?となり、じゃあどっち側かな?と・・・
まずは左の駆動系側を外してみました・・・ハズレです。オイルシールは問題無く付いていました。
じゃあ右側・・・アタリです。見事にオイルシールが抜けてました。
CIMG6646.jpg CIMG6648.jpg
5分5分の確率なのにハズレたので左側をバラすという工程が増えてしまいました・・・。

ステーターコイルを外すとさらに良くわかります。
CIMG6649.jpg CIMG6650.jpg
そういえば、『パシュッ!!』て音がして止まったと言ってたので、それはこのオイルシールが抜けた音だったのかと納得です(笑)
取り敢えずこのオイルシールをはめ込んでみたけど、ゆるゆるっと入っていったのでオイルシールも劣化しちゃったようです。

新品に交換して入れてみると、ゆるくなく圧入する感じで入ったのでOKとなりました。
CIMG6651.jpg CIMG6654.jpg
あとは取り外したものを付けてエンジンもちゃんと始動でき、絶好調になりました!

年月の経っている車両は故障部分が複数重なってトラブルになっている事もあるので油断できませんね(笑)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp








スポンサーサイト

FC2Ad