モトショップコウワ 地元世田谷の話とバイクの話を綴って・・・

バイク好きのMS功和スタッフが日々の日記を書いていきます。 ツーリング、ライディングスクール、林道、オフロード とスタッフの趣味は多種多様! メモ的感じで書く事もありますのでご了承!

2016 ZX-10R フェンダーレスキット

ども~!ツトムです。

大変お待たせ致しました!

2016 ZX-10R フェンダーレスキット

完成のご案内です!

ZX-10R フェンダーレスキット (1)  ZX-10R フェンダーレスキット (2)  ZX-10R フェンダーレスキット (3)

2016 ZX-10R フェンダーレスキット ¥18,000-(税別)
(取り付け工賃は別途 1.0H)

もちろん取付はボルトオンです!
(予告なく価格、仕様変更する場合もございます。)

やっぱりフェンダーレスはスッキリしてカッコいいですね(笑)。


LEDウインカーセットも同時発売!
こちらも取り付けはカプラーオン(リレー付)となっております。

LEDウインカーセット ¥14,000-(税別)


皆様のご注文お待ちしております!
 


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp







スポンサーサイト

DトラッカーXのタイヤ交換・・・

DトラッカーXに乗っているお客様からダートを走ってみたいという事を聞いて、KLX250のホイールを流用すれば形にはなるのでいいのではと提案したのですが、やはりそれをするのって金額的にも高いし、オークションなどで中古品を探すにしても意外と人気があっていい金額になっていたり、時間がかかったりとなかなか大変だという事なのでDトラッカーのホイールのままでオフタイヤを装着してみましょうとなりました。
当然タイヤのサイズや性質も変わってしまうのでハンドリングなどが変わる事も了承の上での交換となります。

CIMG7409.jpg
ノーマル状態です

CIMG7419.jpg
交換するタイヤはこちらです。

まずはフロントタイヤから・・・
CIMG7420.jpg CIMG7421.jpg
タイヤ交換は普通にできましたが・・・
CIMG7428.jpg
車体に装着すると、フロントフォークが沈んだ時にタイヤの端と、フォークアウターが接触しそうなクリアランスです。実寸ではギリギリ大丈夫でしたが、走行中のタイヤ変形等を考えるとマージンが欲しいかな?となって端部分をカットする事になりました。

CIMG7431.jpg CIMG7434.jpg
両方の端部分のブロックをカットしてフラットにします。(両サイドだけでもブロックって意外とたくさんあるんですね・・・。)

CIMG7451.jpg
フロントタイヤ完成!!

次はリヤタイヤです。
リヤは問題無く取付できました。
CIMG7438.jpg CIMG7444.jpg

CIMG7447.jpg CIMG7446.jpg CIMG7441.jpg
タイヤが主張してきてますね~(笑)
気軽にDトラッカーでオフロードを攻める仕様になりましたが、物足りなくなってきたら本格的にオフロード脚にしましょうね!(笑)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp







Ninja250SLバーハンドル仕様

ども~!ツトムです。

だんだん暖かくなって来ましたね~!
バイクシーズンはもうすぐそこまで来ています(笑)!

最近人気のNinja250SLですが
軽量コンパクトなのになぜか足付きが・・・(汗)。
と、言う声が多いのでローダウン仕様車を作ったのですが
さらに、ポジションをもっと楽に出来ないかと思い
只今、バーハンドル仕様を製作中でございます!

Ninja250SLパイプハンドル仕様

新車の取付はもちろん、カスタムとしてもご相談下さい。

完成しましたら再度ご案内致しま~す(笑)!



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp







XR100モタード クランクが・・・組立編

壊れてしまったXR100モタードのエンジン・・・どのように直そうかという事で・・・

いろいろと検討した結果、現状の内容で復活させる事になりました。
ただ、潤滑系はノーマルだったので、ここの部分は強化させてもう少しクランクシャフトなどに、潤いを与えてあげるように対策をする事にしました。
CIMG7033.jpg
まずはオイルポンプを強化させて油圧が上がる様になったのでクランクケースにオイルジェット加工をしました。(丸部分)

CIMG7030.jpg
元々は穴が開いていない部分であって上の黒の丸部分の穴からシリンダーヘッドにオイルを送る通路になっているのを、下にも穴を少し開けて黄色の丸部分にも穴を開けて貫通させるとここからオイルが噴射してピストン裏側や、シリンダー壁を潤滑、冷却をするという構造に改造しました。
さらにクラッチをタケガワの5ディスク仕様に変更して、このキットが1次減速をノーマルよりハイギヤさせているので、動力をここからもらっているオイルポンプもノーマルよりいっぱい回るようになって吐出量が増量されて潤滑系が強化されるようにもなりました。
さらにさらにこの系統のエンジンにはオイルフィルターが付いていないのでオイルフィルター付のクラッチカバーに変更してオイルが汚れ難くなるようにもしました。

CIMG7060.jpg CIMG7061.jpg CIMG7062.jpg
分割されたクランクケース。金属粉が底部に溜まっていたので、オイル通路など念入りに洗浄です。

CIMG7067.jpg
ミッションなどもチェックして洗浄します。

ここでミッションまで出てきたのでちょっとした変更を・・・
CIMG7063.jpg CIMG7065.jpg
トップギヤをエイプ50用に変更です。(左50用25T 右100用26T)
エイプ100系は4速からトップが少し離れていてトップギヤが使いにくいのでエイプ50のギヤに変更してトップギヤでも失速しないように変更しました。
メインシャフト側のトップギヤを交換するだけです。受け側のカウンターシャフトのトップギヤは50も100も部品番号は一緒でした。歯数が1丁違うだけならちゃんと噛み合うみたいですね。外径も変わらないです。

組立の準備もできたので組み立てていきます。
CIMG7069.jpg
新品クランクシャフト・・・見た目は壊れているのと変わりませんね・・・。

CIMG7071.jpg
ミッション、クランクシャフト等を組み込んでクランクケースを合わせます。

CIMG7072.jpg CIMG7076.jpg CIMG7082.jpg
クラッチ、オイルポンプなど付けて、オイルフィルター付のクラッチカバーで右側は完成!これで潤滑系が今まで以上に強化されました。

ピストン、シリンダーの組み付けです。
CIMG7083.jpg CIMG7091.jpg CIMG7092.jpg
タケガワのメッキシリンダーのキットです。
新品はやっぱりきれいですね(笑)
ピストンスカート部分はモリブデンコートされていて、フリクションを抑えるような加工がされています。

CIMG7100.jpg
シリンダーヘッドまわりはそのまま組み付けました。(ちょっと前にバルブ等外してオーバーホールしたばかりでした。)
シリンダーがやけにきれいで浮いちゃってますね・・・。
バルブタイミング、バルブクリアランスなど確認、調整してヘッドカバーを取り付けてエンジン完成です。

CIMG7103.jpg
車体に積み込んでキャブ、マフラーなど取り付けてエンジン始動です。
なかなか静かなエンジンです!!(当たり前ですが・・・)
回り方も滑らかで、慣らし運転で走行してみても今までよりトルク増しで乗りやすい感じになりました。
エンジンの仕様は変わっていないけど、いろいろと強化、対策されているのでその辺が今後いい具合に対応してくれるでしょう。

慣らし終了が楽しみですね!!(笑)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp








Dトラッカー125のカムシャフト交換!

Dトラッカー125で手軽にそれでいて効果のあるカスタムをとの事で、今回はカムシャフトを交換してみました。
この車両のカムシャフト交換はヘッドも外すことなく手間もかからずできるのでいいですね。

CIMG2264.jpg CIMG2266.jpg
まずは、外装~タンクまで外しました。

CIMG2267.jpg CIMG2269.jpg CIMG2270.jpg
手動でクランキングできるように左エンジンカバー部のキャップ2箇所を外し、ヘッドの左側のカバーとタペットカバーを外します。

CIMG2272.jpg CIMG2273.jpg
タイミングホールからTマークを合わせた時にカムスプロケの刻印がヘッドの上の部分の印に合っているか確認します。(合っているはずです・・・。が、合っていない時はやばいですよ!!)
これで圧縮上死点になっています。この位置はエンジンをバラしたり組んだりする時に基本となる位置です。
カムチェーンテンショナーを外し、カムスプロケットを外します。
CIMG2276.jpg CIMG2274.jpg
このカムスプロケットをとめているボルトは逆ねじなので気を付けましょう。

CIMG2277.jpg
カムシャフトを外して、ロッカーアームもチェックの為外しました。
ロッカーアームシャフトをヘッドから抜く際サービスマニュアルによると、抜きにくい場合はヘッドボルトを緩めると記載されていたので、何故かな?と思いつつ抜こうとしたら・・・抜けませんでした・・・。
ヘッドボルトを緩めたら簡単に抜けました。謎が解けました。
ヘッドボルトが締まっていると、ヘッドやシャフトが通る穴などが変形してシャフトを押さえつけてしまい固く抜きにくくなってしまっているようです。うーん。こんなにデリケートだとは・・・(カ○サキなのに・・・笑)

ここで今回交換するタケガワのスポーツカムシャフトの出番となりました。
ノーマルと比べてみますと・・・
CIMG2284.jpg CIMG2287.jpg CIMG2288.jpg CIMG2289.jpg
こんな感じです。
左側がノーマルです。
違いが判る人には判るでしょうね(笑)

さあ、あとはどんどんと組み付けていきます。
CIMG2296.jpg CIMG2297.jpg CIMG2298.jpg
カムスプロケのボルトは逆ねじなので、左回しで締めていきます。緩めたヘッドのボルトも忘れずに締めます。

CIMG2301.jpg
カムシャフトが変わったので。バルブクリアランスも調整します。

CIMG2418.jpg
取り外したキャップなどを取り付けてエンジンは完成です。

今回はもう1つ・・・
CIMG2419.jpg
エアインテークのダクトをKLX150用に変更しました。
ノーマルとは空気の入口の大きさが全然違いますね。

それからもう1つ・・・
CIMG2421.jpg
吸い込む空気量も増えて、カムも変わったので、インジェクションコントローラーで燃料を増量させます。
ダイヤルがあり、いくつか選択できるのでベストセッティングの所にあわせます。

これで完成しました!!
走行してみると・・・
ハイカムという特性上低回転域ではノーマル的な感じですが、5000RPMからの吹け上がり方が元気になって、とても軽くパワフルな加速をしていく様になりました!
気軽にできるライトチューニングですがいい感じです(笑)
いろいろな場面でスポーツ!?できそうなので今後が楽しみですね(笑)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
カワサキ スズキ ホンダ ヤマハ 正規取扱店
(有)モトショップ功和
〒155-0033
東京都世田谷区代田3-25-15 功和ビル1F
TEL 03-3412-6161
FAX 03-3412-6140
E-mail mskouwa@dd.iij4u.or.jp
HP http://www.ms-kouwa.co.jp







FC2Ad